カート
完全受注生産。7月31日までのご注文で11月上旬入荷。かぶりに強い日本人向け柔らかシューズの進化バージョン。ミッドソールをなくしたことで結晶を点で捉えられる超足裏感覚。トゥはボックス形状で微妙な粒子も面で捉えるように働きます。逆にヒールのミッドソールを倍の厚さにしネジレトルクにも強くしました。岩場のどっかぶりにも最適でハイエンドな一足に仕上がっています。
浅草クライミング TSURUGI-ZERO(ツルギゼロ) ※日本人向け柔らか強傾斜シューズ ※受注限定販売 7月31日締切 ※2018年11月上旬発売予約
18,360円(税込)
7/22までポイント4倍! 732 ポイント還元
在庫 1,999
各オプションの価格と詳細
 即納11月上旬予約
2018,360円(税込)
×
20.518,360円(税込)
×
2118,360円(税込)
×
21.518,360円(税込)
×
2218,360円(税込)
×
22.518,360円(税込)
×
2318,360円(税込)
×
23.518,360円(税込)
×
2418,360円(税込)
×
24.518,360円(税込)
×
2518,360円(税込)
×
25.518,360円(税込)
×
2618,360円(税込)
×
26.518,360円(税込)
×
2718,360円(税込)
×
27.518,360円(税込)
×
2818,360円(税込)
×
28.518,360円(税込)
×
2918,360円(税込)
×
29.518,360円(税込)
×
購入数

浅草クライミング TSURUGI-ZERO(ツルギゼロ) ※日本人向け柔らか強傾斜シューズ ※受注限定販売 7月31日締切 ※2018年11月上旬発売予約
18,360円(税込)
732 ポイント還元

●【シューズ交換無料】何度でも交換可能/プチヴィンガ進呈/店頭リピート割10%

●メーカーサイズ表 | シューズ別比較表 | 選び方

(cm) 22.5 23.1 23.7 24.3 24.9 25.5 26.1 26.7 27.3 27.9
ファイブテン 5 5.5 6 6.5 7.5 8 8.5 9 9.5 10.5
6 6.5 7 7.5 8 9 9.5 10 10.5
イボルブ 5 5.5 6 6.5 7 7.5 8 8.5 9 9.5
6 6.5 7 7.5 8.5 9 9.5 10 10.5
スポルティバ 34 35 36 37 38 39 40 41 42 42
スカルパ 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
オーツン 3.5 4 4.5 5 6 6.5 7 8 8.5 9
ソイル 4.5 5 6 6.5 7 7.5 8 8.5 9 10
浅草 4.5 5 6 6.5 7 7.5 8 8.5 9.5 10

完全受注生産。7月31日までのご注文で11月上旬入荷。かぶりに強い日本人向け柔らかシューズの進化バージョン。ミッドソールをなくしたことで結晶を点で捉えられる超足裏感覚。トゥはボックス形状で微妙な粒子も面で捉えるように働きます。逆にヒールのミッドソールを倍の厚さにしネジレトルクにも強くしました。岩場のどっかぶりにも最適でハイエンドな一足に仕上がっています。

公開となる『劔-零』は、絶妙なトウフック性能を持つ1本締めベルクロのダウントウタイプ『劔』の特徴を維持しつつ、硬度を調整。大きな変化はソールに柔軟性を持たせたこと。ソール前面に入っていたミッドソールをなくし、抜群のフリクション『摩擦ソール』を0.5mm薄くしたことで、足裏感覚を向上させた。反対にかかと部分はミッドソールを倍の厚さにすることで、経験者の必須テクニックであるヒールフックのかかり具合も高まった。足裏が柔らかいためハリボテに乗りやすく、ヒールもかかりやすい、コンペシーンにもぴったりの一足。見た目もベルクロ部分の唐草模様を同色にすることでcoolな印象に仕上がっている。浅草クライミングを手掛ける都筑理氏によると、『劔-零』は「『劔』のトウ、ヒールの設計はそのままに、より足裏感覚の高いシューズを企画しました。カラーは特徴的な白&赤でデザインしています」とのことで、将来的にはアッパーも劔とは異なるデザインを目指すという。今回ご紹介した『劔-零』はプレモデルとして受注限定で販売される。

ツルギとの違い
1.摩擦ソール4mm → 摩擦ソール3.5mmに変更
2.ミッドソールあり → ミッドソールなしに変更
3.ヒールミッドソール → 倍の厚さに変更

全体的な設定をソフトにチューニング。それにより前傾壁の深い足の掻き込みやスメアリング、トゥーボックス形状とアッパーラバーの配置によってえられる絶妙なトゥーフック性能。日本人に合わせたヒールでクライミングパフォーマンスをサポートします。

かかとは小さく
日本人のかかとは欧米人に比べて“小さく”て、くるぶしが低いのが特徴。かかとをしっかり包み込みます。

フィット感の向上
アッパー素材に厚みのある、シンセティックを活用することで、裏地を貼ることなく強度を維持しました。裏地が無いことにより、フィット感の良い履き心地を実現しています。

デザイン 1本ベルクロ
木型 JAPAN ダウントゥ
サイズ 20〜29.5cm
ソール 摩擦オリジナルソール3.5mm

▼浅草クライミングのカラーとラインナップ
KAGAMI ネイビー
KAGAMI レッド
TSURUGI パープル
TSURUGI グリーン
MAGATAMA ホワイト(1色)

▼浅草クライミングについて
クライミングシューズは常にクライミングを楽しむ人たちの声に応えるように機能と品質を追いかけ進化・発展しています。一方、私たちが20年以上携わったレディスシューズは、常に世界のトレンドを追いかけてきました。同じシューズでありながら開発の考え方が180度異なります。当社はクライミングが生活の一部になっている人たちへ、より快適に楽しく、かっこよく過ごせるクライミンググッズを開発し進化させて行きます。そして、当社の強みはレディスシューズの開発経験とクライマーの要望を融合できることです。これまでにない、和を感じるクライミングシューズをお楽しみください。

1.日本人のためのクライミングシューズ
日本人と欧米人では、足の甲の高さ・幅・かかとの大きさ・くるぶしの位置などが異なります。多くのクライミングシューズは日本人には合わない足型で作られ、多くのクライマーは足に合わないシューズを無理して履いているのが現状です。当社は日本人の足型に合ったシューズでクライミング人口増加に貢献し、健康維持や競技のサポートを目指します。

2.日本人の足のかたち
あなたは、エジプト型?ギリシャ型?それともスクエア型?人間の足を足趾(そくし)の長さで分類すると、エジプト型、ギリシャ型、スクエア型の3種類に分類されます。エジプト型は、母趾(ぼし)が一番長いタイプ。ギリシャ型は、第2趾が一番長いタイプ。スクエア型は母趾と第2趾の長さが同じくらいのタイプです。日本人の場合、エジプト型が約70〜80%、ギリシャ型が約10〜25%、残りがスクエア型と考えられています。ちなみに、エジプト、ギリシャという名前は、 古代ギリシャやエジプトの彫刻の足のかたちからつけられたそうです。

3.日本人の骨格に合わせた構造
日本人の多くは欧米人と比べて、甲高・幅広という事をご存知の方は多いと思います。それ以外にもかかとの大きさ、くるぶしの高さなどの違いがあります。当社のシューズは木型から日本人向けに製造していますので、欧米ブランドと比較して、甲を高く、幅を広く、かかとを小さくしていますので、履き心地は格段に違います。

4.文化的背景を考慮したデザイン
和柄/自然にある色合い/草履、草鞋、足袋などの履物文化・包む文化等を、とりいれて商品開発を進めます。また、商品の名前は「三種の神器」からとっています。「KAGAMI」「MAGATAMA」「TSURUGI」とし、クライミングシューズの三種の神器という思いを込めています。これからも、日本を代表する文化的なものから命名していきます。
この商品を購入する

カテゴリーから探す

新着商品

再入荷

ランキング

ジムTOP ご利用ガイド 店舗情報 カフェCrucrow 循環型ウォール トレーニング 講習 ユースキッズ サポート 設備 ツアー 団体講習 スタッフ紹介 スタッフ募集 メディア情報 目指すもの 公共活動 月継続会員 クライミングコンサル
ショップTOP クライミングシューズ チョーク ブラシ チョークバッグ クラッシュパッド トレーニング サプリメント ボディケア クライミングウエア ザック カバン ヘッドランプ ランタン キャンプ クッカー 防虫 救急 本 岩場ガイド DVD ブルーレイ 雑貨 ジム用品 イベント ▼ロープクライミング ▼スラックライン ▼登山用品 テント
★セール ★グッぼるオリジナル ★一点もの ★クーポン商品 ★メール便88円 ★ターザン×グッぼる ★アウトドアコーヒー ★フランス製品 ★ロングライン ☆お知らせ ☆ブログ ☆グッぼるissue ☆初心者ガイド ☆クライミング質問集 ☆グッぼるサーキット ☆グッぼるセッション ☆グッぼるキッズ
アカウント ご利用ガイド お問い合わせ メルマガ登録解除 返品・交換・試履き交換無料 予約・取寄せ・同時購入