ジム

ショップ

セール

カート
ジム
ショップ
特集 セール
ブランド
ユーザー
ご案内
まさにソール革命。クライミング専用ソールクリーナー誕生。ゴムの性質に着目して元の素材に戻す成分を配合。ゴムの栄養剤とも言えます。質の高い登りにはそれなりのシューズメンテは必須。道具はケアしてこそ愛着もわき性能も発揮できます。ソールについたゴミやチョークを落として確実にグリップ力を向上させます。使い込んで足に馴染んだシューズにこそオススメ。足にあった湾曲でフリクションがさらに向上。つま先部分だけなら毎日使用しても2ヶ月程度は性能が持続します。
VINGA(ヴィンガ) クライミングシューズ専用ソールクリーナー ※奇跡のフリクション ※専用スポンジ付き ※劇的グリップ力UP
3,240円(税込)
32 ポイント還元
25
各オプションの詳細情報
即納
購入数

VINGA(ヴィンガ) クライミングシューズ専用ソールクリーナー ※奇跡のフリクション ※専用スポンジ付き ※劇的グリップ力UP
3,240円(税込)
32 ポイント還元

●【シューズ購入】プチヴィンガ進呈キャンペーン。試履き交換無料。先行予約。店頭リピート割10%。

●メーカー別サイズ表 | シューズ別サイズ表 | 測り方
(cm) 22.5 23.1 23.7 24.3 24.9 25.5 26.1 26.7 27.3 27.9
ファイブテン 5 5.5 6 6.5 7.5 8 8.5 9 9.5 10.5
6 6.5 7 7.5 8 9 9.5 10 10.5
イボルブ 5 5.5 6 6.5 7 7.5 8 8.5 9 9.5
6 6.5 7 7.5 8.5 9 9.5 10 10.5
スポルティバ 34 35 36 37 38 39 40 41 42 42
スカルパ 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
オーツン 3.5 4 4.5 5 6 6.5 7 8 8.5 9

まさにソール革命。クライミング専用ソールクリーナー誕生。ゴムの性質に着目して元の素材に戻す成分を配合。ゴムの栄養剤とも言えます。質の高い登りにはそれなりのシューズメンテは必須。道具はケアしてこそ愛着もわき性能も発揮できます。ソールについたゴミやチョークを落として確実にグリップ力を向上させます。使い込んで足に馴染んだシューズにこそオススメ。足にあった湾曲でフリクションがさらに向上。つま先部分だけなら毎日使用しても2ヶ月程度は性能が持続します。

▼ヴィンガの技術はモータースポーツのタイヤ
バイクレースやカーレースに使われるタイヤのグリップ向上を目的とした技術をベースにおよそ二年間の開発期間を経て「ヴィンガ」は完成しました。ソールを最適な状態で保てるのでクライミングシューズのパフォーマンスを最大限に発揮できます。公式では小山田大氏も提供を受けております。

▼以下dai's diaryより抜粋
実際に登ってみた感じですが、クリーニング直後は確かにグリップが上がっている感じがします。特に磨かれてツルツルになっているホールドに対して顕著に違いを感じました。石灰岩やチャートの磨かれたフットホールドにも効果が期待できそうです。
僕は今までソールの新しい面を出すのに、紙やすりやワイヤーブラシを使っていました。それだと新しい面を露出させる事は出来るのですが、ソールがどんどん薄くなってしまいます。これからはソールを削る事なくシューズをリフレッシュする事が出来そうです。そして何よりも大事な事ですが、自分が使う道具に対して意識の向上になると思います。ボルダリングの場合、登る事に使う道具は靴とチョークだけです。道具に対する意識を少しでも上げる事で登りが劇的に変わるかもしれません。

▼ご利用方法
ヴィンガを直接ソールにワンプッシュスプレーして、ヴィンガ専用クリーニングスポンジや毛羽たっていないウエスなどで拭き上げて下さい。数秒で乾きますので、クリーニング後直ちにご利用頂けます。
※拭き取ったゴムのクズをシューズの革部分に付着させると黒く汚れますのでご注意下さい。
※火気厳禁

内容量:180mlボトルスプレー

写真提供:小山田大ブログdai's diary https://goo.gl/3QvGgH
この商品を購入する

この商品を買った人は
こんな商品も買っています

浅草クライミング TSURUGI パープル ※サードモデル ※オリジナル巾着袋付き ※取寄せも可
かぶりに強い日本人向け柔らかシューズ。深さが必要な前傾壁ではこの柔らかさが最大の武器になります。柔らかさだけでなくソールの食いつきがかなりよく「かかってる感覚」を実感できます。トゥのボックス形状が微妙な結晶を捉えられるように働きます。トゥとヒールなどでラバー全体配置の特殊形状がバランス良く、しかも固めに変化する新しい感覚です。カラーは2色。日本の良さをデザインにも散りばめ、今までにない見た目が新鮮で海外ではかなり目立つこと間違いなしです。

詳細はこちら